風呂場や流しの水漏れもきちんと修理する

風呂場や流しの水漏れもきちんと修理する 風呂場や流し台から水漏れが発生することもあるのですが、濡れていてもあまり気が付きにくい場所なので、そのまま放置されてしまうこともあります。しかし、気が付かずにそのままにしておくと、余計にひどくなって修理代が高くついてしまうこともあるでしょう。
このようなことがないように、ときどき自分で点検をしてみることをおすすめします。濡れている状態では気が付かない場合が多いので、雑巾などできちんと水気を取ってから確認してみましょう。流し台の場合にはパイプの繋ぎ目が最も水漏れしやすいですし、風呂場の場合には浴槽の隙間から水が流れ出てくることがあります。風呂のお湯を捨てるときに、しばらく待ってみると分かりやすいでしょう。

■浴槽の水漏れは自分で修繕するのが難しい

流し台から水漏れをしている場合には、どのような状態なのかによっては自分で修理をすることもできるかもしれませんが、浴槽から水が漏っている場合には、自分で修理するのは難しいと考えられます。このような場合には業者に依頼した方が無難です。
なぜ浴槽から水が漏っている場合には修理をするのが難しくなるのかというと、浴槽の場合というのは床に設置されているのが一般的です。流し台やトイレのように、パイプで下水道に流しているわけではありません。そのため、どこの部分から水が漏っているのかを確認するには、1度浴槽をどけてみる必要があるのです。ちなみに風呂の栓を抜いたときに水が流れずに溢れてくる場合には、詰まっている可能性があるので、排水溝の詰まりを直す必要があります。

■流し台は自分で修理できる場合もある
浴槽は自分で修繕するのが難しいですが、流し台なら自分で行うことも可能です。もちろんどこから水漏れが発生しているのかによっても変わってくるので、まずは原因を特定し、どこから水が漏れているのかを確認しましょう。
流しにもキッチンと同じように蛇口が設置されているので、パッキンの劣化や擦れが原因である可能性もあります。もしくはパイプの隙間から水漏れを起こしている可能性もあるでしょう。まずは元栓をしっかりと閉めて、水が流れないようにしましょう。それからパッキンの交換やナットの緩みなどを直していきます。自分で直せない場合には、無理をしないで業者に依頼しましょう。特にパイプとの接続がうまくいかなくなると、余計状態が悪化してしまいます。

■シャワーは比較的修理しやすい

風呂には必ず蛇口以外にもシャワーが取り付けられています。シャワーも水を使用しているので、当然漏れてしまう可能性もあるでしょう。シャワーの場合には、ホースに亀裂が入っている可能性もあるので、このようなときにはシャワー自体を交換するようになります。シャワーは一式ホームセンターで売られていることが多いので、業者に依頼しなくても自分で修理することも可能です。
シャワーの場合には、ヘッドの部分とホースの部分、蛇口やパイプとの繋ぎ目の部分のいずれかから水が漏れていることが多いのです。場所を特定しやすいからこそ、自分で修理を行いやすいと言えるでしょう。もちろん自分はあまり器用ではないので自信がないという人は、業者に依頼した方が確実で安心です。

■まとめ
水漏れはどこで発生するかわかりませんので、発生してから準備をしているようでは遅い場合もあります。万が一の時に備えておくことが重要なので、事前に修理に使用する工具類や交換部品を用意しておきましょう。浴槽は業者に修理してもらうようになりますが、シャワーに関しては、ある程度古くなったら予備を購入しておくと安心です。そうすれば水のトラブルが発生したときに、即座に交換することができるでしょう。まずはどのような交換部品や工具が必要なのか調べておくことをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース